スポンサーリンク

元TOKIOの山口達也容疑者を逮捕 酒気帯び運転の疑い

スポンサーリンク

元TOKIOの山口達也容疑者が22日午前、東京・練馬区で酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されていたことがわかった。

警視庁によると午前9時半ごろ、練馬区桜台の交差点で、山口容疑者が運転するバイクが信号待ちをしている車に後ろから追突した。けが人はいなかったが、山口容疑者の呼気を調べたところアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕された。

山口容疑者は「お酒を飲んでバイクを運転し、事故を起こしたことは間違いありません」と容疑を認めているということだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200922-00010003-abemav-soci

スポンサーリンク

ネットの声

アルコールや大麻、覚醒剤などの薬物事犯は、現行法で刑罰の対象ですが、単に刑罰を与えるだけでなく、適切な医療やケアに結びつけることを刑事事件にかかわる方たちにもお願いしたいです。
精神医療やケアに刑事事件を契機に結び付けて、適切な保護体制を整備していくことは可能です。
薬物事犯は常習性が高く、再犯リスク、永久的な辛苦を抱えて生きなければならない状態です。
「ダメなやつ」とレッテルを貼られますので、家族や友人との人間関係も破壊してしまいます。
そのため、ホームレスに追い込まれている方たちの中には、アルコール依存症によって、助けてくれる人間関係を断たれ、孤立した状態にある方も散見されます。
早期に適切なケアに結びついていれば、病気と向き合いつつ、日常生活を維持することも可能です。
アルコールを嗜むだけで収まらず、コントロールできないことが増え始めたら、アルコール専門外来を訪ねてみてください。

あれだけの社会的制裁を受けて、これからっていうときにそれをやっちゃあいけませんわ。

これでせっかくあったであろうチャンスを自ら手放すことになる。復帰という線がかなり遠のいたのは事実でしょう。

お酒を断つためにもっと努力してください。前園みたくちゃんと更生して下さいよ。

クスリを止められないようにアルコール依存症は絶つことはできないという事例だよね。。。
ただ自宅で飲む分には他人に影響を及ぼさないとも言えるが、飲酒運転の事故となると問題が大きい。。。
TOKIOへの復帰はかなりかなり遠いと思う。。

あんな事件を起こしておいて、酒を辞められていなかったどころか、飲酒運転までやらかすとは…もう完全に終わったね。

色々と復帰を画策してくれていたメンバーにも、もう顔向けできないでしょう。

まずは罪を償って、それから自費で入院でもしてアルコール依存症の治療してください。さようなら。

お酒飲んで子供に襲い掛かる。
お酒飲んで駄目だとわかっているのにバイクに乗ってしまう。
飲酒運転なんて、殺人未遂と同じくらい悪質だって散々言われているのにやってしまう。前の事件の時、被害者の子が悪いとかって散々言ってた人いたけど、お酒飲むと本当に豹変する危ない人なんだと思うよ。
それが物損事故で分かって良かったんじゃない。世間にとっても本人にとっても。

昔の記事かと思って検索した。。
「2011年8月28日、車線変更禁止区域で車線を変更し、警察署の署員に停止するように求められた。山口が免許証を提示したところ、免許の期限が同年2月であったことが発覚し、道路交通法違反(無免許運転)で書類送検」

この人の事を鉄腕ダッシュのイメージで擁護する人が多いのが逆に怖い
TVはイメージ操作の媒体。TVの時はイメージを作るから、その好感度は当てにならない。
この人はとても自分に甘い人間で、越えてはいけない一線を越えるタイプ。
お酒に依存しているけど、万一薬に手を出したら薬に依存するタイプだと思う。

もうこの人、ダメだね。

あの記者会見も表面的なポーズだったとしか思えないし、薬物ではないけど、アルコールを根っから断つのって相当困難であっても、意地でも根性みせて頑張れば「復帰」もゼロではなかったかもしれないけど、完全に終わったと思います。

ジャニーズも以前とは、ここ近年体制が、かなり変わってきたように感じるし、いくら残りのTOKIOのメンバーがエールを送っても、こんなんじゃダメでしょう。

三つ子の魂百まで…って言葉もあるように気質って、そう簡単に変わらないと思います。

これは完全にアルコール依存ですね。病気なので専門の治療が必要です。その上、完治は難しいので一生付き合っていかなければなりません。地道に生きて下さい。頑張って下さい。

本当に残念としか言いようがありません。

たくさんの人にサポートされて、復帰ができるかどうかの大切な時に、多くの人を裏切りこのような事になってしまったのは、ひとえに山口さんの考えの甘さであると同時に、一般的にアルコールや薬物の依存は、本人の意思だけではどうにもならない大きな社会的問題だと考えさせられます。

コメント